比較的低予算で行けます

気軽に行ける国です

ウーマン

シンガポールは日本からも定期便が運航していることから、日本人旅行者に人気の国です。
ツアー料金もオフシーズンにはとても安く数万円程度で利用できます。
シンガポールツアーで人気のメニューは直行便であることや、マリーナベイサンズに滞在するプランなどになります。
また、観光で人気なのは、未来型庭園ガーデンズ・バイ・ザ・ベイなどが挙げられるため、ツアーに入園料などが付帯しているものが多く販売されています。
年間数多くのシンガポールツアーが販売されているため、家族構成や旅行の目的にあわせて選択することができます。
子供連れでも存分に楽しむことができるアクティビティが用意されているため、ファミリー向けのツアーも人気の傾向にあります。
またシンガポールならではの豪華な旅を楽しむことができるツアーも豊富に販売されています。
マリーナベイサンズをはじめとして、大人がゆったりとくつろげるホテルがシンガポールには沢山あるのです。
食事や滞在場所にこだわったプランもシンガポールツアーでは注目されています。
その一方で、格安ツアーも時期によって販売されるため、学生や家族連れにも訪れやすい国だといえるでしょう。
食べ物も日本人の口にあうものが多く、街並みの整備されて美しいことから、安心して旅行を楽しむことができます。
食事やショッピングはもちろんのこと、ビーチリゾートも満喫できるため、それぞれの旅のニーズにあわせたツアーを選択することをおすすめします。

スキンケア用品を持参する

レディ

日本から気軽に行ける海外ツアー先として、シンガポールが上げられます。
シンガポールは東京都と同じくらいの広さでして、日本からの所要時間は約7時間程度、時差は1時間です。
そして2週間以内の滞在であれば、ビザの取得も不要です。
従いまして、シンガポールはツアーを組みやすい国といえるでしょう。
そんなシンガポールへのツアーを決めたら、持ち物に気を付けてしっかり準備する必要があります。
シンガポールは赤道直下にある国であり、熱帯雨林気候特有の高温多湿です。
従いまして、シンガポールへ持っていく服装がポイントとなります。
基本的には夏用の服装でかまいませんが、屋内では冷房が十分に効いているので一枚羽織る物があると良いです。
また日差しがとても強いので、帽子やサングラス、日焼け止めクリームなども必需品となります。
紫外線対策として、長袖のシャツの準備も大事です。
女性の場合は、日傘があっても良いでしょう。
さらに、虫よけスプレーや蚊に刺された時の痒み止めクリームも携帯した方が良いです。
旅行会社が企画するツアーなどでは、ツアー中に使いきれる量の蚊よけ対策グッズを支給してくれる場合があります。
もちろん、シンガポールへ行ってから現地で同様のグッズを購入する事は可能ですが、出来れば日本で使い慣れた商品を持っていく事をお勧めします。
また、夜ホテルでお肌のお手入れを行うために、化粧水や乳液などのケア用品も持っていくと、さらに安心出来るでしょう。

予算や時期、注意すること

女性

シンガポールは面積の小さい国でありながらショッピングやグルメだけでなく注目の観光地も多いほか交通手段も整っているため、短い期間で多くの観光を楽しむことができます。
そのため、シンガポールのツアー旅行は自由に行程を決めることができる激安なツアーが多いです。
シンガポールのツアー旅行は安い時期があり一番安い時期は10月、その次は9月中旬から下旬や1月中旬から3月上旬とされています。
当然ながらみんながお休みとなりやすい年末年始や夏休みの時期、ゴールデンウイークは高いです。
シンガポールにも旅行に最適なシーズンがあります。
晴れた日に観光地など巡りたいという人は、3月から4月シーズンがよいでしょう。
また、グレート・シンガポール・セールで買い物をガンガン楽しみたい人は、5月から7月が適しています。
さらに、冬の時期には、クリスマス・イン・ザ・トロピクスが開催される12月やチャイニーズ・ニューイヤー・ライトアップというイベントがある1月から2月などがおすすめです。
シンガポールでは、ほぼ1年中注目行事が行われています。
海外旅行は日本を離れるので、その国のルールに沿って楽しい旅行にしなければなりません。
なので、シンガポールのツアーでトラブルに巻き込まれないようにするためにも注意が必要となります。
実はシンガポールは罰則が厳しいことで有名な国で、国内在住だけでなく海外旅行客も対象となります。
ごみのポイ捨て・つばの吐き捨て・指定場所以外での禁煙・ガムやキャンディも含む交通機関内での飲食・タクシー乗車時のベルト不着用などは罰則対象の行為となるようですが、普段の生活でマナーを守った生活を意識していればこのようなトラブルは巻き込まれないでしょう。
予算が変動するので時期や行きたいイベント、現地に入ったら気を付けるべきことを十分に確認し、楽しいシンガポール旅行にしていきましょう。